ロイシンサプリの口コミランキング@筋肉増強におすすめはこれ

ロイシンサプリの口コミランキング@筋肉増強におすすめはこれ

筋肉増強には欠かせないBCAA。なかでもロイシンは、筋肉の合成と分解の抑制にかかわるため、大変重要です。食品からも摂れますが、手軽に効率よい摂取はサプリがおすすめ。ロイシンは体内で分解され、HMBとなって働きます。

 

つまり、このHMBを配合したサプリなら、より効率的ということになります。サプリを飲むだけで、筋肉増強の効果が出るわけではありません。あくまでも、正しいトレーニングにプラスすることにより筋肉増強できるのです。おすすめのロイシンサプリをご紹介していますので、ぜひ参考になさって下さい。

 

パーフェクトビルドEAAの特徴

HMB+EAA+EMRが筋肉増強の強い味方です。筋肉増強に欠かせないロイシンは、アミノ酸不足では効果が期待できません。ロイシン強化型EAAは、アミノ酸を最も効率よいバンランスで凝縮しています。1日めやす4粒に、ロイシン強化型EAA3,000r配合。HMBとEMR(酵素分解ルチン)の相乗効果で効率アップ。クレアチンやマカなど全31種の厳選成分を贅沢に配合しているのに、続けやすい価格なのが魅力。人数限定、お得なビルドアップコースあり。

価格 630円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒。ロイシン強化型EAA3,000r配合

 

ビルドマッスルHMBの特徴

HMB+BCAAが筋肉増強をサポート。ロイシンの代謝物質であるHMBを、1日めやす4粒に1,500r配合しています。筋トレのサポート成分BCAA、回復のグルタミン、吸収力をUPするバイオペリンを配合。さらに筋肉増強ブースターとなるフェヌグリークなど、4種の厳選成分もプラス。筋肉へ効率よくアミノ酸を届けるために、トレーニング前や最中の飲用がおすすめです。人数限定、トクトクコースあり。

価格 500円
評価 評価4
備考 1日めやす4粒。HMB1,500r配合

 

マッスルエレメンツの特徴

HMB+クレアチンで身体づくりをサポートします。クレアチンはエネルギー産生に関わるアミノ酸で、筋力向上の効果があります。HMBとクレアチンを同時摂取で、効率よく身体づくりを行えます。遺伝子成分DNA&RNA、CoQ10やオルニチン、ビタミンやアミノ酸などタンパク質の働きを効率的にバックアップする成分を贅沢に配合。1日めやす6粒を、運動前と運動後に分けて飲むのがおすすめです。お得な定期コースもあります。

価格 980円
評価 評価3
備考 1日めやす6粒。HMB1,500mg配合

 

ジュニアアスリートとたんぱく質

 

スポーツを楽しむ子供はたくさんいますね。運動効率を高めるためにはたんぱく質が重要だと言われますが、それは何故でしょうか。ここでは子供のスポーツとたんぱく質の関係を見ていきましょう。

 

スポーツをする人にとってたんぱく質はとても重要な意味があります。人間の細胞は普段の食事から出来ているといえます。食生活に気を配るジュニアアスリートとそうでないジュニアアスリートとは、どんどん差が開いていきます。たんぱく質をしっかり摂る事が大切で、特に運動をしていない子供に必要な量が48.6gであるのに対し、トレーニングをしている子供に必要なたんぱく質の量は1日に72.8〜85.0gです。このことからもたんぱく質の大切さが分かります。鶏胸肉に換算してみると、1枚弱食べればOKということです。これくらいの量を食べていないと長期的に見るとたんぱく質不足が心配されます。

 

たんぱく質が足りなくなってしまうとどんな事が起こるのでしょうか。まず筋肉を作りにくくなります。筋肉を合成するのに必要なのはたんぱく質です。トレーニングを積み重ねても、筋肉を作る材料であるたんぱく質が足りないのでは、筋肉に結び付きません。たんぱく質はアミノ酸により出来ています。そのなかでも必須アミノ酸のBCAAであるロイシンが大きく関係しています。これらは体内で作る事が出来ないので、食事から摂取する必要があります。さらに骨が伸びにくくなったりするので、身長を伸ばしたかったらしっかり摂取しましょう。

 

ロイシンで身長を伸ばす

 

身長を伸ばしたいと思っている人は多くいます。色々な方法がありますが、今回は栄養面に注目してみていきましょう。身長を高くするためにはたんぱく質が重要となってきます。アミノ酸についての知識をつけて身長を伸ばしてみましょう。

 

必須アミノ酸により筋肉や脳の成長が促されますが、筋肉と脳では全く違う組み合わせになります。たんぱく質同化により成長していきますが、体に必要なものと脳に必要なものは違うのです。体に必要なアミノ酸は『バリン、ロイシン、イソロイシン』と呼ばれるものです。脳に必要なアミノ酸は、『チロシン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファン』です。筋肉の強化のためには、バリン、ロイシン、イソロイシンの摂取を積極的に行うと良いでしょう。ただし受験生など頭を使う人は過剰摂取に注意してください。脳の機能が低下してしまうからです。

 

身長が伸びることに筋肉も関係してきます。昔は筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなるなどと考えられていましたが、それは違いました。筋肉にはアミノ酸が蓄えられていて、骨を伸ばす成長ホルモンの分泌にもかかわっているのです。

 

アミノ酸が体内にたくさんあると、余分なものは肝臓や筋肉で分解されます。100gのお肉を食べた時、そのたんぱく質の20%はバリン、ロイシン、イソロイシンということになり、大体3gぐらいの量です。必須アミノ酸はインスリンの分泌を促すのではないかとされていて、特にロイシンに注目が集まっています。

 

ロイシンの飲み方

 

必須アミノ酸として知られているロイシン。バリンやイソロイシンとともに、BCAAに分類されていて得に重要なアミノ酸であるとされています。そのロイシンは様々な食材に含まれていて、どれも手軽に手に入る食材ばかり。普通の食生活を送っていれば充分摂取出来ています。でも特に筋肉を強化したい人はサプリを利用すると良いでしょう。過剰摂取は問題なので適度に調節してください。

 

ロイシンはトレーニングをしている人達に、筋肉を強化することを目的に摂取されていることが多いです。筋たんぱく質の合成をしたり分解を抑えたりします。一日の摂取量が一番多く定められていて、とても重要なアミノ酸でインスリンの分泌を促す働きもしています。そのため不足すると血糖値が上昇して糖尿病につながる可能性も出てきます。

 

サプリではバリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1のバランスが一番効率よく、相乗効果を期待出来ます。運動で傷ついた筋肉を修復する作用もあるので、運動後に摂取すると良いとされています。サプリは即効性がありますが水に溶けにくく苦みがあります。筋トレをしたうえでタイミング良く摂取すると筋肉を強化出来ます。ロイシンが不足することで起こる筋肉のトラブルを防げます。筋肉痛や肉離れなど筋肉の損傷に効果的に働きます。運動の30分前、運動中、運動後のいずれかに摂取するのが良いとされています。

 

製品の説明書に従って正しい方法で飲みましょう。水に溶けにくいので先にパウダーを口に入れます。その後水を含んでクチュクチュして混ぜます。または水にパウダーを入れてから数十分放置してかき混ぜる方法もあります。

 

ロイシンの働きと過剰摂取について

 

必須アミノ酸で知られている「ロイシン」について説明していきます。ロイシンの働きとして代表的なのが、筋肉の強化と肝機能の向上です。

 

血液に溜まった老廃物を分解したり、栄養分の代謝を行ったり、エネルギーを蓄えておくという仕事もしている肝臓。日々働き続けてくれる大事な存在です。そんな肝臓をあまり意識されずに過ごしている人がほとんどだと思います。無意識のうちに肝臓にダメージを与えてしまっていることもあるでしょう。そんな肝臓をいたわってくれるのが必須アミノ酸の一つであるロイシンです。ロイシンは筋肉を作るうえでとても重要な存在です。BCAAというアミノ酸に分類されています。肝臓の機能をアップさせるほかに、育毛の効果も期待出来ます。

 

ロイシンが体に良いことは分かりましたが、だからと言ってたくさん摂取すればするほど良いというわけではありません。普通の食生活で欠乏の恐れはまずないので、それほど一生懸命摂取しようとしなくても大丈夫です。過剰摂取すると、免疫力が低下するとされています。ちなみにロイシンが不足した場合は、肝機能が低下してしまいます。そしてグリコーゲンの合成がうまくいかなくなりインスリンの分泌が減ってしまいます。そのことで血糖値が上昇。糖尿病を招く危険が高まるのです。

 

ロイシンがたくさん含まれている食品は牛肉やレバー、鮭、チーズ、ほうれん草などです。どれも手軽に入手出来るものばかりですね。